メニュー

若年技能者人材育成支援等事業の概要

岐阜県職業能力開発協会では、平成25年度から、厚生労働省の新規事業「若年技能者人材育成支援等事業」を受託し、若年技能者の育成支援を重点的に進めています。現在、下記の3つの取組みを行なっています。

【ものづくりマイスター制度】
この制度は、若者のものづくり離れ・技能離れ、熟練技能者の高齢化等に対応し、将来のものづくりを担う若者の育成、技能継承等を支援するものです。主に高度な技能をもった熟練技能者を「ものづくりマイスター」として認定し、中小企業、学校等に指導者として派遣し実技指導、講義等を行います。

【ITマスター制度】
日本の労働生産性を向上させるためには、労働者一人ひとりが情報技術を有効に活用できることが重要です。そのためには、小・中・高の若年世代から情報技術に慣れ親しみ、使いこなせる能力を身につけることのできる環境整備が必要となります。そのために、情報技術関連の優れた技能を持つ技能者「ITマスター」を学校等へ派遣する取組を開始しました。ITリテラシーの強化や、将来のIT人材育成に向けて、小学生から高校生にかけて段階的に情報技術に関する興味を喚起するとともに、情報技術を使いこなす職業能力を付与するため、派遣されたITマスターが講習等を実施します。

【テックマイスター制度】
現在の製造現場では、3DプリンタやCNC制御の工作機械、センサーを活用した工業設備など、進化した機器・設備を活用することにより多品種、小ロットで高精度の生産が可能となるなど、ものづくり現場におけるデジタル化に伴う生産性・品質向上の取組が進展しています。
ものづくり現場の環境変化に伴い、IT技術を活用した生産性向上等に関する指導も求められているところです。このため、中小企業等に対するIT技術を活用した高効率なものづくりに関する実技指導を行うため、プログラミングやデータ分析、最新機器の使用方法など、IT技術を活用した生産性向上等の指導ができるテックマイスターを認定し派遣することにより、中小企業等における生産性・品質向上の取組を実施します。

制度紹介資料

「ものづくりマイスター」「ITマスター」「テックマイスター」のご案内(中央職業能力開発協会)

岐阜技能振興コーナーの取組資料



「ものづくりマイスター制度」「ITマスター制度」「テックマイスター制度」の資料は「(厚生労働省)ものづくりマイスター制度-制度紹介(外部リンク)」より取得できます。

費用の負担

ものづくりマイスター等派遣に係る費用は全額当事業で負担します。

関連資料

・指導者向けマニュアル
3級技能検定の実技試験課題を用いた人材育成マニュアル
技能競技大会を活用した人材育成の取組マニュアル
 (中央職業能力開発協会)「技のとびら」-「指導者向けマニュアルのご案内」(外部リンク)
・技能士、ものづくりマイスターに関する資料(冊子)
技能士活用好事例集
技能検定の試験科目等の解説集「技を磨く。技を広げる。」
技能競技大会関係冊子
ものづくり体験事例集
ものづくりマイスター活用好事例集
社会で活躍する技能士さん~ご案内~
入職促進ガイドブック
 (中央職業能力開発協会)「技のとびら」-「冊子のご案内」(外部リンク)
・技能士、ものづくりマイスターに関する資料(動画)
技能競技大会ダイジェスト
 (中央職業能力開発協会)「中央職業能力開発協会」-「ものづくり基盤強化」-「大会動画(YouTube)」(外部リンク)
技 さらなる高みを目指して
 (中央職業能力開発協会)「技のとびら」-「動画のご案内」(外部リンク)