メニュー

職業能力開発振興事業
(各種講習・訓練・研修)
職業能力評価事業
(技能検定・CS試験等)
技能尊重気運の醸成事業
(競技大会・催し物)

トピックス

2018-07-17
平成30年度(前期)学科試験正解
[中央職業能力開発協会サイトへ](外部リンク)
2018-07-02
平成30年度前期技能検定 受検票の発送をすべて完了しました。
お手元に届いていない方がみえましたら、お手数ですが検定一課までお問い合わせ下さい。
2018-06-18
平成30年度前期技能検定 受検票を自宅宛に簡易書留にて随時発送しております。
受取りのほどよろしくお願いします。
2018-06-15
外国人技能実習生を対象とした基礎級受検予定者数調査を実施しています。[詳細はコチラ]
随時3級等技能検定委員(実施試験審査委員)の推薦をお願いします。[詳細はコチラ]
2018-05-24
平成30年度岐阜県職業能力開発協会通常総会の会場の誤りに係るお詫びと訂正について[詳細はコチラ]
2018-05-07
平成30年6月19日に平成30年度岐阜県職業能力開発協会通常総会を開催します。[詳細はコチラ]
2018-05-01
検定一課(日本人向け技能検定関連)の電話番号、FAX番号が変更となりました[詳細はコチラ]
2018-05-01
当協会では、昨年度に引き続き省エネ対策のため「クールビズ」を実施いたします。
皆様のご理解とご協力をお願いします。
(クールビズ期間:平成30年5月1日~10月31日)
2018-04-18
平成30年度(前期)技能検定 受検申請受付終了しました
2018-04-04
平成30年度(前期)技能検定 受検申請受付開始しました (~4月17日)
受付会場 当協会事務所1階
2018-03-16
平成29年度 後期合格発表[岐阜県庁サイトへ](外部リンク)
平成29年度 後期技能五輪岐阜県予選 結果発表[詳細はコチラ]
2018-03-02
平成30年度(前期)技能検定受検のご案内[詳細はコチラ]
2018-02-19
異業種交流会「記念講演」のご案内[詳細はコチラ]
2018-02-15
3級技能検定受検資格の追加について [詳細はコチラ]
2018-02-15
技能検定受検申請等に係る変更点ついて [詳細はコチラ]
2018-02-05
平成29年度(後期)学科試験及び計画立案等作業試験 正解
[中央職業能力開発協会サイトへ](外部リンク)
2018-01-29
平成29年度(後期)学科試験及び計画立案等作業試験 正解
[中央職業能力開発協会サイトへ](外部リンク)
2018-01-22
平成29年度(後期)学科試験及び計画立案等作業試験 正解
[中央職業能力開発協会サイトへ](外部リンク)
2018-01-15
平成29年度(後期)計画立案等作業試験 正解
[中央職業能力開発協会サイトへ](外部リンク)
2017-11-27
第55回技能五輪全国大会で岐阜県から3名入賞 [岐阜県庁サイトへ](外部リンク)
2017-11-01
平成29年度職業訓練指導員資格取得講習会(48時間講習)のご案内 [詳細はコチラ]
2017-10-11
「第38回岐阜県職業能力開発促進大会」を開催します[詳細はコチラ]
2017-09-29
平成29年度 前期技能五輪岐阜県予選 結果発表[詳細はコチラ]
平成29年度 前期合格発表(平成29年度9月29日発表分)[岐阜県庁サイトへ](外部リンク)
2017-09-04
平成29年度(前期)計画立案等作業試験、学科試験正解
[中央職業能力開発協会サイトへ](外部リンク)
2017-09-01
平成29年度(後期)技能検定受検のご案内[詳細はコチラ]
2017-08-05
第12回若年者ものづくり競技大会で3職種4名が入賞しました![詳細はコチラ]
2017-06-23
『第18回ぎふ技能フェスティバル』を開催が決まりました![詳細はコチラ]
2017-03-31
ホームページをリニューアルしました

岐阜県職業能力開発協会とは

企業の発展は、働く人たちの職業能力の開発と向上にかかっています。
従業員の職業能力の開発と向上を援助することは企業の努めです。
岐阜県職業能力開発協会は、「働く人たちの職業能力の開発及び向上」を支援することを目的として昭和54年4月に職業能力開発促進法に基づいて設立された認可法人です。

職業訓練Vocational Trainingの頭文字であるVと、直角測定具のスケアSquareの図形で職業訓練を、パスPassで製品を測定検査している図形で技能検定を表象したものです。
全体的な図形ではコブシ(腕)で能力の意味をもっています。

職業能力開発促進基本理念(職業能力開発促進法 第3条)

労働者がその職業生活の全期間を通じてその有する能力を有効に発揮できるようにすることが、職業の安定及び労働者の地位の向上のために不可欠であるとともに、経済及び社会の基礎をなすものであることにかんがみ、この法律の規定による職業能力の開発及び向上の促進は、産業構造の変化、技術の進歩その他の経済的環境の変化による業務内容の変化に対する労働者の適応性を増大させ、転職にあたっての円滑な再就職に資するよう、労働者の職業生活設計に配慮しつつ、その職業生活の全期間を通じて段階的かつ体系的に行われることを基本理念とする。